ナイキ ズーム ヴェイパーフライ4% フライニット について

DF1366AF-BF38-45CF-A816-858762AADDAD.png2018年9月9日
マラソン日本記録を樹立した時に設楽悠太選手が履いていた
福岡国際マラソンで好記録で日本人一位になった時にも履いていた
箱根駅伝で東洋大学の往路優勝に導いた
今、ランナーの誰もが憧れるナイキのシューズ
ズームヴェイパーフライ4%のフライニットモデルが発売されました

正直、私もほしいです

ただ私はヴェイパーよりズームストリーク7が早くでないかと思ってます

前にも紹介させていただきましたがヴェイパーフライ4%は
ズームストリーク6を履いて走るより4%ランナーのランニング効率が上がったという
コンセプトを元に作られたシューズになります

さらにフライニットになったヴェイパーフライはランナーの履き心地をアップしてくれるでしょう
フライニットはランナーの足幅をうまく補ってくれるので
足の幅の広さに柔軟に対応するとともに
ランナーの靴との摩擦などによる豆などの軽減を図られると思います

単純に言うと誰にでもフィットしやすいアッパーということになります
ナイキのシューズは足の幅が狭いシューズが多いので
日本人の足幅に合いずらいのを解消してくれそうです
どちらにしてもシューズは必ず試着してくださいね

シューズの耐久性は変わらず200kmにも満たないので
レース用のシューズというくくりは変わりません

ヴェイパーフライや最近出たペガサスターボ35など厚底シューズが
ランナーの憧れになってる今

シューズにランナーが走りを合わせている人が多いみたいです
シューズに主導権を握られてるようなら
当然タイムも出ないでしょうし
まだヴェイパーフライを履く必要はないかと個人的には思います

足の着地に関して様々な意見が最近飛び交うようになり
自分なりの結論としてはミッドフットやフォアフット着地にした方が
ランニング効率も上がりますし怪我もしにくくなるので
ヴェイパーフライを履くことは肯定しますし結果もついてくると言えると思います
ただいきなり履くよりはペガサスターボ35などで十分なトレーニングをして
足の着地の仕方ランニングフォームなどを改善したのちに
履くのがベストです

ペガサスターボは耐久性800kmと言われてますし
トレーニングにはかなり重宝できるシューズだと思います

それにしてもヴェイパーフライもペガサスターボ35も
価格が高いですね
シューズの高騰化が進んでいて手を出せないランナーも多いと思います
もう少し安価にしてもらえると嬉しいんですけどね

まして人気なのをいいことに転売屋がメルカリやヤフオクなどで
さらに高値で販売してるのは腹立たしいです
本当に履いて走りたい人がいっぱいいるので
ぜひその人達に普通の値段で譲ってほしいものです









スポンサードリンク

この記事へのコメント

スポンサードリンク
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他スポーツブログ ランニングへ
にほんブログ村