骨盤前傾フォームを手に入れよう

最近トレーニングをしていた時のことなんですが
インターバル走の後半でかなり疲労が溜まってきていて
速く走れてないだろうという感覚だったんです

ただ、こういう時は特に疲労から力んでしまい無駄な力をが入りやすいので
足の着地は触るように、また身体の重心の真下で着地することを意識して走っていました
すると走り終わったあとタイムを確認すると予想以上に速く走れていたのです

感覚的には動いていない身体だったのですが逆に良い結果に
筋力をあまり使わずに速く走れていたんですね
最近フィジカルトレーニングをしていることもあり
臀部などをうまく使えるフォームに改造中なのですが
その研究の結果が骨盤前傾と着地の仕方に至ったんですね

まず骨盤前傾についてですが
よくランニングについて書かれている本やネットを見ると
少し前傾姿勢で走ることが書いてありますが
骨盤については書かれていません
前傾姿勢で走るで略してあることが多いのですが
実際は骨盤前傾をしてくださいってことなんですね

ただ前傾姿勢で走ると骨盤が後傾になっていたりしていて
お尻から反り上がったフォームになってしまい腰を痛めてしまいます

僕自身も出来ているのかというと自信ないですが
骨盤前傾にしないと臀部やハムストリングなどの身体の後ろ側にある筋肉を
うまく使えないので、出来ている時と出来ていない時はわかるようになってきました

さらに着地時は重心の真下に意識することで
かなり楽に推進力を得られるようになり効率良く走れるようになります
ストライドを大きくしてスピードを出そうと考えている人がもいるかと思いますが
これは逆の結果になります

ストライドを大きくしようとしたり
元々重心より前で着地しているフォームだと身体の前の筋肉を使うことになってしまい
ブレーキをかけてしまうことになり着地の衝撃を脚だけに受けてしまうので
膝を痛めてしまいます
膝の痛みが出るランナーはだいたい着地が重心より前にある人が多いです

ですので無理にストライドを伸ばそうとはせず
着地の時は身体が一直線になる意識を持ってみましょう
これができるようになると必ずパフォーマンスの向上が狙えますので
自然と身につけられるように僕もですがランナーの皆様も精進していきましょう




スポンサードリンク

この記事へのコメント

スポンサードリンク
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他スポーツブログ ランニングへ
にほんブログ村