ナイキ ズームヴェイパーフライ4%について

8A12C67D-8B58-4E73-9EAA-AAD1F5F3C0E0.png
箱根駅伝で使われていたランニングシューズで
もう一つ語らずにはいられないシューズがあったのでご紹介します
皆さまご存知のズームヴェイパーフライ4%です

箱根駅伝では東洋大学のランナー達のほとんどがこのシューズを愛用してました
そしてこのシューズの知名度を一気に上げたのが
こないだの福岡国際マラソンでの大迫傑選手が履いていたことです

またハーフマラソンの日本歴代1位の記録を持つ設楽悠太選手も愛用しています
設楽選手はこのシューズについて
走り終わった後の疲労の残り方が全然違うと言ってました

厚底でクッション性を上げていることや靴の構造からフォアフット走法に促し
脚の筋肉の省エネが出来ることなどが理由です

またシューズが反っているような作りになっているため
実際に走ると前に前にと押し出されるような推進力を得られるそうです
常に下り坂を走っているような感じみたいです
これらのことから名前の通りランニング効率を4%高めるので
今ランナー達の注目の的になっているシューズです

元々品薄商品なのに転売業者などがすごい額で売り出したりしていて
手が出ない状態になってます
また普通のランニングシューズの寿命は500kmくらいだと言われてますが
このズームヴェイパーフライは160kmくらいだそうです
本当にレース用シューズと言った感じで
大迫選手は福岡国際マラソンの時にアップの時は別のシューズを履いてしたらしいです
僕的にすごい驚いたエピソードでした

あと最近良く聞くことなのですが
足に全く合わないというコメントです
このシューズをいきなり市民ランナーが履いたら
間違いなく合いませんよ
ミッドフット着地走法やフォアフット着地走法を身につけた
上級者ランナー向けのシューズですので
普段カカト着地をしている人は絶対に手を出さないでくださいね
宝の持ち腐れになります

良いシューズなのは間違いないですが
簡単に言うと癖のあるシューズです
シューズも履く人を選ぶんですねw
もし、それでもズームヴェイパーフライを履いて走りたいと思っている人は
まずはナイキでしたらズームストリーク6をお勧めします
このシューズも普通のシューズとは感覚が違います
たぶん履いた瞬間わりますよ
このシューズもフォアフット着地を自然と促すように作られていますので
まずはこのシューズを履いて脚を作ってから挑戦してみたら良いと思います
似たようなコンセプトのニューバランスのhanzoも良いかと個人的には思いますが
こちらはある程度走力をつけてから履いた方が良い結果になりそうです

フルマラソンのタイムを縮めたい人には
走り方を変えていって自然とヴェイパーフライ4%を履きこなせるようになれば
タイムの大幅な更新が狙えそうです



スポンサードリンク

この記事へのコメント

スポンサードリンク
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他スポーツブログ ランニングへ
にほんブログ村