全日本大学駅伝を見て

昨日は息子が熱を出してしまったので
看病しながら全日本大学駅伝をテレビ観戦していました

マラソン好きや陸上好きはマラソン中継や駅伝中継などを
ずっと見ていれると思うのですが
あまり好きじゃない人には
「人の走ってる姿なんて良くずっと見ていられるね」なんて
よく言われるんですが
僕はいくらでも見られますw

それにはいろいろ理由があるんですよ
それを何点かお話するとですね
1.走っているフォームがみんな違う
観戦しているとわかると思うのですが誰1人として
同じフォームの人がいないです
良いフォームの人を探してしまいまうんですよね
手の振り方、足の使い方、状態のブレなんかも見るポイントです

2.選手の表情や戦略など状況を読み取る
走ってる選手の表情などを見て、
まだ余裕がありそうだな、とか
どこで仕掛けてスパートするのかな?
これはずっと見ていないとわからないのですが
その駆け引きがとにかく面白いんですよ

3.どれくらいで走っているのか、すごさを感じる
実際走ってる人は良くわかるのですが
1km毎や5km 毎のラップタイムなどを見て
注目した選手がどれくらいのペースで走っているのか
凄さを把握する

4.注目選手のエピソードや解説者の話などを聞いて楽しむ
増田明美さんなどでマラソンをグッと近くに
感じた人もいるかもしれませんが
選手の素朴なエピソードや練習の話など
見ているといろんな話が出てくるので楽しいですよ
増田さんの取材時間は半端ないらしいです
ものすごい時間を掛けて準備をしているようなので聞く価値が本当にあります

こんな感じでいろいろ見るポイントを自分なりにお話させていただきました
昨日の駅伝では
神奈川大学の鈴木健吾選手の走り方や
神野大地選手の一緒に練習した時のエピソードなど参考になりました
また1人だけ身体つきが違いましたよね
あの引き締まり方、まさにマラソンランナーって感じでしたし
陸連の期待の仕方も半端ない感じが伝わってきました
東京マラソンで彼が活躍する姿が僕も眼に浮かぶなと思いました
やっぱり駅伝やマラソンは楽しいですね


スポンサードリンク

この記事へのコメント

スポンサードリンク
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他スポーツブログ ランニングへ
にほんブログ村